アゴのコンプレックスを解消できる美容整形の種類

長くしゃくれたアゴ、また逆に後退してアゴが無い輪郭など、顔の中でも特にアゴはコンプレックスを感じやすい部位と言われています。メイクやヘアスタイルでカバーすることが難しいアゴの悩みですが、適切な美容整形を受けることで輪郭は整い、大幅にコンプレックスを軽減することが可能です。

アゴにコンプレックスを感じている人は、どのような美容整形があるのか施術法をチェックしてみましょう。

美容整形はプチ整形とそうでないかに分けられる

アゴの美容整形は大きくメスを使わないプチ整形と、メスを使う施術の2つに分けられます。それぞれ施術の内容が異なるのはもちろん、効果も異なります。ですので、アゴの美容整形を受ける際は施術の特徴を、しっかり把握しておくことが大切です。

しゃくれたアゴを解消したい場合

長く突き出したアゴ・しゃくれたアゴだと他のパーツがどんなに整っていたとしても、どうしても人の視線はアゴに集中してしまいがちです。アゴが長い・しゃくれているという悩みを持っているなら、アゴ削りという美容整形を検討してみると良いでしょう。

アゴ削りは文字通り、アゴの骨を削って輪郭を整える美容整形の1つです。アゴ削りといっても種類は様々で、垂直骨切手術や水平骨切り・中抜き手術などが有名です。垂直骨切手術はアゴが太い方に向いている美容整形と言われており、アゴの中央をカットして左右くっつけるという手術を行います。

アゴが大きいと男性的な印象になってしまいがちですが、この美容整形を受けると小さくシャープな見た目へと変わります。女性だけでなくアゴが大きい男性も、輪郭をシャープにできる美容整形です。水平骨切り・中抜き手術はアゴが長い・しゃくれているという悩みを持つ人に向いています。

アゴの骨を2か所骨切りを行い、余分な部分を取のきます。そしてアゴの先端を上にある骨と結合させ、骨自体を短くするという美容整形です。いわば、アゴの骨を中抜きするような形となるので、大幅に長さを短くすることが可能です。

アゴの長さやしゃくれ具合によっては、水平骨切り・中抜き手術ではなくオトガイ形成という美容整形を用いるケースもあります。オトガイ形成はアゴの骨「オトガイ」を削るという美容整形です。少しアゴが長いという人が短くしたい場合は、アゴが割れているというのを解消したい人におすすめです。

アゴの長さを短くしたり、しゃくれを解消するこれらの美容整形は、施術を受けることによって輪郭を美しく整えられるだけでなく、小顔効果も期待できます。

アゴが小さい人におすすめの施術

日本人は西洋人と比較するとアゴが小さく、また後退している人が多い傾向にあります。今、美人の条件の1つに数えられる「Eライン」は、アゴが小さかったり後退しているとできません。Eラインとは鼻とアゴ先を結んだラインのことで、このラインの中に口先が収まれば横顔美人と言われています。

アゴが後退していると、どうしても口先が前に出てしまいEラインは崩れてしまいがちです。正面から見た顔はキレイだけれど横顔には自信が持てない・・という人が多いのも、日本人の多くはアゴのバランスが悪くEラインが崩れているからと考えられます。

アゴが小さく後退している人が、キレイなEラインにするのも美容整形でなら可能です。アゴプロテーゼはアゴが小さい・後退しているというコンプレックスを、解消できる美容整形の1つです。アゴに人工シリコンを挿入して、アゴのラインを整えます。

横から見るとほとんどアゴが無いような状態の人も、アゴプロテーゼを受けることによってキレイなEラインを作れます。アゴがシャープになるので人工シリコンで長さを足しているのにも関わらず、小顔に見えるのもアゴプロテーゼの魅力です。

また、アゴが小さいという悩みを解消する美容整形の中には、メスを使わないプチ整形のヒアルロン酸注射という施術を選ぶこともできます。ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸を注射器で、アゴ部分に注入し輪郭を整えるという施術を行います。

メスを顔に入れずにアゴが後退している人も、キレイなEラインを作れるとして人気です。

美容整形男子アレンはどんな人?プロフィールや整形歴をチェック

プチ整形と美容整形を選ぶ基準

アゴのコンプレックスを解消できる美容整形には、メスを使う美容整形と一切使わないプチ整形とがありますが、もし施術を受ける場合はどちらを選ぶと良いのでしょうか。まず、効果の持続性で決めるのがおすすめです。アゴの骨を削ったり人工シリコンを入れてアゴの形を整える美容整形は、1度施術を受けたら効果は半永久的に続きます。

何回もメンテナンスをするのは面倒、一気に顔の印象を大きく変えたいという場合はメスを使う美容整形がおすすめです。アゴが小さい・後退しているという人に向いているヒアルロン酸注射の場合、1回の施術でキレイな輪郭をキープできるのは約半年から1年程度と言われています。

ヒアルロン酸は元々、人の体内に存在する成分ということもあり時間が経過すると、体内に吸収されてしまうのです。ですので、ヒアルロン酸注射で横顔美人をキープしたいなら、定期的に施術を受けなければいけません。

ただ、顔にメスを入れないプチ整形は患者さんへの負担は、大きく軽減されています。まずは試しに美容整形を受けてみたい、手軽な方法でアゴの悩みを解消したいという場合は、メスを使わないプチ整形をチョイスするのも良いでしょう。

各施術のダウンタイムを確認

アゴの美容整形を受ける上で確認しておきたいのが「ダウンタイムの長さ」です。ダウンタイムとは施術を受けてから腫れや痛みが引き、一般的な日常生活を送れるようになるまでの期間で、施術の内容によってダウンタイムの期間は大きく異なります。

症状の回復具合は体質や、難症例であったかどうかでも異なりますが、メスを使う美容整形でアゴをキレイにした場合、約2週間前後は腫れと痛みが伴うようです。

施術後の痛みはクリニックから処方される、痛み止めを服用すればコントロールできます。施術後、メスを使う美容整形の場合はどうしても腫れが出てしまいますが、アゴの骨を切る施術・人工シリコンを挿入する施術どちらも、手術は口腔内を切開してそこから行います。

顔の表面に傷跡が残ってしまうということはありません。ヒアルロン酸を注入するだけの簡単なプチ整形、ヒアルロン酸注射の場合はほとんどダウンタイムは気にしなくて良いと言われています。できるだけ、すぐに日常生活を送りたいという場合はプチ整形を選ぶと良いでしょう。