美容整形で理想の美しい鼻に

顔のコンプレックスは人それぞれ違いがありますが、鼻が低いこと、鼻が丸い、大きすぎるなど鼻に関する悩みを持つ人も少なくありません。顔の真ん中にあるということもあり、とても目立ちますし、メイクでもカバーが難しい傾向にあります。

こうした悩みをしっかりと解消する方法としては美容整形も注目されています。実際にはどのような施術が行われるのか、どんな悩みに対応できるのかも知っておきましょう。

鼻の悩みは人それぞれ

顔には誰しも気に入らないところ、コンプレックスに感じるところはありますが、特に鼻は顔の中央部分にあることもあり、とても目立つ部分です。その悩みも人それぞれで、鼻が低いことで悩む人もいれば、逆に高すぎる、大きすぎるという悩みを持つ人もいます。

さらに鼻の形が丸い、団子鼻を気にする人もいますし、上を向いていることで鼻の穴が目立ってしまうことがコンプレックスになっている場合もあります。顔の悩みを解消する方法としては、メイクもあげられますが、ノーズシャドウなどもやはり限界はありますし、上を向いている場合などには対応は難しい傾向にあります。

とはいえ、鼻の悩みを解消する方法がないという訳ではありません。美容整形であれば様々な悩みに対応することができ、理想の美しい形や高さを得られることが期待できます。

メスを使わない施術

美容整形では半永久的な効果が期待できますが、いざ手術となると抵抗を感じる人も少なくありません。美容整形初心者の人は、まずはメスを使わない、いわゆるプチ整形と呼ばれる施術にも注目してみましょう。まず、プチ整形で代表的な施術にヒアルロン酸注入があげられます。

これは肌にハリを持たせたり、シワを目立たなくするなどアンチエイジングの目的で行われることが多いですが、美しい鼻を作る施術としても採用されています。ヒアルロン酸による施術は注射で行われます。元々体内にある成分ですので、安全性も高く、少しずつ吸収されていきますので、元の状態に戻すこともできます。

鼻筋に注入すると高さを出すことができ、小鼻が目立たなくなる効果も期待できます。そして鼻を高くする目的ではなく、曲がった鼻の修正や段鼻を目立たなくするのにも役立つ施術です。簡単な治療というイメージがありますが、美しく自然な仕上がりにするためには高い技術力と優れたセンスが必要です。

横顔が美しく見えることも大事ですので、丁寧なデザインが行われているクリニックであるかは良く確認しておきましょう。

長期に持続する注入剤

ヒアルロン酸注入は鼻のプチ整形では特に有名ですが、この他にも注入による治療は用意されています。長期に持続する注入剤としてはレディエッセも注目されています。この施術も注射だけで行うことができますが、注入剤にはカルシウムハイドロキシアパタイトが採用されています。

これは歯や骨を形成する成分で、注入後は少しずつ体内に吸収されていきます。体内に注入しても異物反応が起こる心配がなく、自己コラーゲン生成作用もありますので、効果が長持ちする傾向にあります。短時間で行うことができ、ダウンタイムが少ないのもメリットですが、ヒアルロン酸とは違い、分解する方法がありません。

それゆえ、術後の修正が難しい施術であるということは理解しておきましょう。一回の施術で満足な結果を得るためにも医療機関選びは慎重に行いたいところです。この他のメスを使わない鼻の美容整形としては溶ける糸を挿入することで高さを出す方法もあります。

美容整形男子アレンはどんな人?プロフィールや整形歴をチェック

プロテーゼの挿入による施術

レディエッセやヒアルロン酸注入は手軽に行える美容整形として人気ですが、その効果は永久的なものではなく、効果を維持していくためには繰り返しの施術も必要です。半永久的な効果を希望するのであればプロテーゼの挿入による施術も検討したいところです。

ヒアルロン酸の場合は横に流れてしまうこともあり、不自然に鼻の幅が広くなる可能性もありますが、プロテーゼの場合は広がる心配はなく、長期に効果を持続させることができます。本格的な手術となると顔に傷が残らないかも気になりますが、プロテーゼの挿入の際は鼻の内側から切開しますので、外側から傷が目立つということはありません。

プロテーゼも様々な種類がありますが、自然な仕上がりにするためにはそれぞれに合うものを選ぶことが大事です。施術後はしばらくはテープによる固定などのアフターケアも必要となります。

団子鼻を目立たなくする施術

鼻の悩みにはいわゆる団子鼻もあげられます。これは低くて丸い鼻で可愛らしい印象もありますが、野暮ったい雰囲気に見えるなどで気にする人は少なくありません。その修正方法としては、鼻先をとがらせて、より幅を狭くする施術があげられます。

鼻尖縮小は団子鼻の修正によく選ばれる方法です。これは横に広がった鼻翼軟骨の中央部分を縫い合わせて先を尖らせることができ、高さを出して幅を狭く見せることができます。鼻先の脂肪が多い人の場合は、その脂肪を除去してから中央部分を縫い合わせる施術が行われることもあります。

この治療は鼻の内側から行うことができますので傷跡が目立たないのもメリットです。さらにヒアルロン酸注入など別の治療を組み合わせることでより理想に近い鼻を作ることもできます。小鼻の張り出しが目立つ人の場合は鼻翼縮小の施術も効果的です。

この場合は小鼻の付け根を小さく切除し横への広がりを抑えることで、すっきりとしたきれいな鼻に整えていくことができます。この他では脂肪溶解注射も注目されている施術で、余計な脂肪を減らすことで小鼻をすっきりと見せることができます。

注射だけで行えるので、本格的な施術に抵抗のある人にも取り入れやすい方法です。

上を向いた鼻を目立たなくする施術

鼻の悩みでは、鼻が上を向いている、鼻の穴が目立つということがあげられます。鼻が低いなどはノーズシャドウなどのメイクである程度の修正はできますが、上を向いている場合はメイクでの修正も困難です。とはいえ、この場合も改善策はありますので、治療を希望する人は美容外科に相談してみましょう。

鼻が上を向いている人、鼻の穴が目立つ人は鼻が短い傾向にありますので、より鼻を長く見せる治療が効果的です。こうした治療は鼻中隔延長術と呼ばれており、自らの耳介軟骨を鼻中隔に移植し、鼻の長さを出すこととなります。

長さや角度、幅なども自由に決めることができ、それぞれに最適な方法で鼻先の悩みを解消していきます。

参考情報…札幌美容 - 札幌中央クリニック